ページの先頭です
  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

FAQ(よくあるご質問)

『 NISA・つみたてNISA 』 内のFAQ

29件中 1 - 10 件を表示

1 / 3ページ
  • NISA口座ではいくらまで投資できますか

    NISAの投資限度額(非課税枠)は、一人あたり年間(1月1日~12月31日)120万円です。 非課税期間は最長5年間で、非課税枠は最大600万円となります。 年間120万円の非課税枠内で、分割して投資することもできます。たとえば積立投資信託の利用も可能です。 くわしくは、「NISA:... 詳細表示

    • No:410
    • 公開日時:2016/01/04 09:00
    • 更新日時:2018/09/28 11:07
  • NISAを利用する金融機関を変更したい

    NISA非課税投資枠を利用する金融機関は、一定の手続きのもとで変更することができます。 ただし、すでにその年分の枠を一度でも利用している場合、その年は新たな金融機関にNISA・つみたてNISA口座を設けることはできません。 手続きは、以下のとおりです。 ■受付期間:変更を希望する... 詳細表示

    • No:1351
    • 公開日時:2017/10/02 08:50
  • つみたてNISAとはどのような制度ですか

    つみたてNISAとは、金融機関で専用口座を開設し、その口座で一定の要件を満たす公募株式投資信託や上場株式投資信託*に積立投資をすると、配当所得・譲渡所得が非課税となる制度です。 投資限度額は年間40万円です。 *みずほ銀行では「公募株式投資信託」のみ取り扱います。くわしくは、「つみたてNISA... 詳細表示

    • No:4292
    • 公開日時:2017/10/02 08:50
    • 更新日時:2018/09/28 11:13
  • NISA制度では、どのような商品が利用できますか

    公募株式投資信託や上場株式・ETF・REIT等がNISAの対象となります。 預金、保険、個人向け国債等公共債、公社債投資信託等は対象になりません。 *みずほ銀行では「公募株式投資信託」のみ取り扱います。 くわしくは、「NISA:ニーサ(少額投資非課税制度)」をご覧ください。 詳細表示

    • No:409
    • 公開日時:2014/06/13 09:00
    • 更新日時:2018/09/28 11:06
  • 非課税期間5年終了後、NISAはどのような取り扱いになりますか

    非課税期間(5年)終了時、NISA口座で保有している公募株式投資信託等を売却する必要はありません。 次のいずれかをお選びいただくことができます。 1.課税口座(特定口座・一般口座)に移管し、投資を続ける。 2.翌年の非課税投資枠へ移管し、引き続き非課税口座(NISA口座)で投資を続ける。 ... 詳細表示

    • No:415
    • 公開日時:2017/10/02 08:50
    • 更新日時:2018/09/25 17:12
  • 年間投資上限額の40万円を超えて、つみたてNISAを利用することができますか

    つみたてNISAは、年間投資上限額である40万円の範囲内で利用いただけます。 みずほ銀行では、毎月の積立金は33,000円/月が上限額となります。 詳細表示

    • No:4037
    • 公開日時:2017/10/02 08:50
  • 非課税期間終了後、つみたてNISAはどのような取り扱いになりますか

    非課税期間(20年間)終了後、つみたてNISAは課税口座(一般口座/特定口座)での保有となります。 また、NISAと異なり、非課税期間が終了した際に、保有している金融商品を翌年の非課税投資枠に移行するロールオーバーの取り扱いはありません。 詳細表示

    • No:4288
    • 公開日時:2017/10/02 08:50
    • 更新日時:2018/09/19 16:21
  • NISAとはどのような制度ですか

    NISAは、金融機関で専用口座を開設して、その口座で公募株式投資信託や上場株式等に投資限度額(年間120万円:2015年までは100万円)の範囲内で投資すると、配当所得(分配金)・譲渡所得(値上がり益)が非課税となる制度です。 お客さまのニーズにあわせ、NISA・つみたてNISA・ジュニアNISAの3つ... 詳細表示

    • No:408
    • 公開日時:2016/01/04 09:00
    • 更新日時:2018/09/28 10:59
  • NISA口座で購入した投資信託等は、いつでも売却できますか

    一般口座(特定口座)と同様に、いつでも売却できます。 ただし、投資信託を売却して空いた非課税投資枠を再利用することはできません。 また、売却益を非課税とするためには、購入した年の1月から起算して5年以内に売却する必要があります(翌年の非課税投資枠に移管した場合を除く)。 (例)2014年12... 詳細表示

    • No:413
    • 公開日時:2014/10/17 09:00
    • 更新日時:2018/09/25 14:57
  • 現在保有している投資信託をNISA・つみたてNISA口座に移すことはできますか

    一般口座や特定口座で現在保有されている投資信託を、NISA・つみたてNISA口座に移すことはできません。 NISA・つみたてNISA口座は新規投資が対象です。 くわしくは、「NISA:ニーサ(少額投資非課税制度)」をご覧ください。 詳細表示

    • No:412
    • 公開日時:2017/10/02 08:50
    • 更新日時:2018/09/25 14:59

29件中 1 - 10 件を表示

ページの先頭へ